モバイルアプリ分析サービスまとめ


スタートアップはできるだけ作らない、使うという視点をまず考えることが大事だとよく言われます。
そんな利用したほうがいいサービスの中で、モバイルアプリの分析(アプリケーションの利用に関する情報の収集や可視化。なかにはトラブルシュート含む)に関するサービスに関してどんなものがあるのか調べてみました。

すべてを網羅していませんが、個人的に見てイケてそう、採用しても良さそうなもの、これってあまり知られてない?というようなものを羅列しています。

すべて試用したりしたわけではありませんので、使ってみて全然だめじゃんというのはあるかもしれません。

サービス一覧

crittercism

  • http://www.crittercism.com/
  • 特徴
    • 主にモニタリングだけど、分析機能もある模様
  • 対応
    • iOS, Android,Android NDK, Unity 他
  • 価格
  • 測定できる項目
    • API & Network Latency and Errors, Transactions, Crashes, Exceptions

利用している企業が大物(paypalやnetflix)なだけに、よさ気なサービスです。
価格が気になりますが、個人的には一番使ってみたいなと思いました。

swrve

  • https://www.swrve.com/product/analytics-and-data
  • 特徴
    • Analyticsのみならず、A/B TestやPush notification、リアルタイムレスポンシブUXなどマーケティングな面も含めサポートしてる模様。
  • 対応
    • iOS, Android, Unity

醸し出すサンフランシスコのスタートアップ感が気に入りました。

Crashlytics

  • http://try.crashlytics.com/
  • 特徴
    • Twitterが買収
    • クラッシュレポートが強いサービス?(一応 mobile analyticsもあります)
  • 対応
    • iOS, Android
  • 価格
    • 無料!

日本でもクラッシュレポートの用途で使っている人が多い印象。分析もベーシックな指標みたいですが、できるようです。無料というのがすごい。

Google Analytics

webの世界だとほぼデファクトですが、モバイル版は人気なのでしょうか?
AndroidだとGooglePlayストアと連携したりなどでユーザ獲得状況の分析ができます。

Flurry Analytics

Flurryは業界では大手の一つです。ユニークユーザーが取れないなど色々不満があるようですが、無料ですし安心できるサービスではあります。

mixpanel

  • https://mixpanel.com
  • 特徴
    • グラフが美しいと評判
  • 価格
  • 測定できる項目
    • ページビュー、ファンネル分析、収集したデータを事由にセグメント毎に分析できる、リテンション、収集したデータを使い計算式を使った分析

こちらも日本でも海外でも人気で使っている方が多い気がします。シンプルなのと、細かい分析ができたり、オンザフライでできる分析があったり、分析という点で強いようです。

upsight

  • http://www.upsight.com/
  • http://help.analytics.upsight.com/
  • 対応
    • iOS, Android, Unity他
  • 特徴
  • 測定できる項目
    • Attribution, Engagement, Retention, Revenue, ファンネル分析, Predictive LTV(予測), hadoopを使っており、Hive?(SQL)で直接データを触れる

KontagentとPlayHavenという会社が合併してできたようです。Kontagentはモバイル分析サービスでの大手。

Appsee

  • http://www.appsee.net/
  • 特徴
    • アプリの利用中にユーザが実際にどう操作しているのか?動画で見れる
    • アプリ内のすべての画面で行われたタッチヒートマップが見れる
    • http://www.appsee.net/features/
  • 対応
    • iOS, Android
  • 価格
    • 月額75,000円から

動画とかヒートマップとかすげーなと。多分ネイティブしかサポートしてないので、我々は使うことができなさそうではあります。

まとめ

いかがでしょうか?
こっちの方がいいよ!とか、ウチのが載ってないとかあればぜひ教えて下さい。

モバイルアプリ向けの分析サービスって、ウェブと何が違うのかという視点で見ると、指標としてモバイル特有という違いを出してるサービスは少ないように思いました。導入しやすいSDKを提供しているというのは各社力を入れているようですが。
ヒートマップとかPush Notificationの効果などアプリ特有の部分で見れることはもう少しないのかと模索しています。

現状選別の段階ですが、色々使ってみて分かったことなどあればレポートしたいと思います。