スマートエデュケーション的リモートワーク


こんにちは。masuyamaです。

一時期世間で話題だったリモートワークですが、最近は耳にすることも少なくなってきました。
(そういう意味での最近の流行は”CTO”でしょうか)
これはもはやリモートワークが一般化した証拠なのかもしれません。
スマートエデュケーションでもリモートワークは普通に行われているので、どのように機能させているのか紹介したいと思います。

勤怠

基本的な考え方として、「成果(アウトプット)をちゃんと出せばいい」というものがありますが、
会社組織である以上、勤怠管理はどうしても必要になってしまいます。
スマートエデュケーションではチャットで仕事を始める、終る宣言をすることで勤怠管理としています。

ツール類

リモートワークを気軽に行えるようになったのも、様々なツール類が充実してきたら、という側面もあります。
スマートエデュケーションで使用しているツールに関しては過去の記事にもありますが、簡単に紹介したいと思います。

Slack

チャットツールとしては今や標準ツールとなりつつあるSlackを使用しています。
周辺のツールとの連携をとっているので、Slackを中心としたシステムとなっています。
モバイルアプリ版も安定して動くので安心して使用できています。

Backlog

タスク・チケット管理ツールとしてはBacklogを使用しています。
課題が投稿されたり、更新されるとSlackに通知されるような仕組みを自前で構築しているため、Slackを見ていれば流れはつかめるようになっています。

Qiita:Team

情報共有ツールとしてはQiita:Teamを使用しています。
こちらも投稿はSlackに通知されるのですが、新規投稿のみでアップデート(更新)は通知されないのが不満点です。

GitHug/GitLab

このあたりはもはやどの会社でも使っている標準ツールとなっている気がします。
git-lfsなんてものも登場してきて、リソースも入れやすくなればますます依存度は高まりそうな気がします。

deploygate

アプリの共有にはdeploygateを使用しています。
どこにいても開発中のアプリのアップロード・ダウンロードが可能なため、こちらも必須なツールとなりつつあります。

まとめ

世間のベンチャー・スタートアップであれば仕事はどこでもできるのでリモートワークもOK、というところが主流だと思いますが、
スマートエデュケーションではそのあたりはちょっと異なります。

社員に小さい子供のいる家庭が多いので、その都合でリモートワークをする人が多くいます。
とくにお子さんが小さいうちはできるだけ一緒の時間を多くとったほうがいい、という考え方もあり、それを実践しています。
こんな子供中心の働き方ができる会社があってもいいんじゃないかと思っています。
(ここまで書いておいてなんですが、私は子供がいませんので、基本的にリモートワークはしません)