Unityで弾幕シューティングを作ろう


皆さんご存知、あの、なかしまです。

今は昔、ゲームと言えばシューティングゲームという時代がありました。
スペースインベーダーから始まったシューティングゲーム時代は、筐体の性能向上と共に弾が画面全体を覆うような弾幕シューティングへの変化し、今では玄人好みのマニアックなジャンルとなってしまいました。

私は弾幕シューティングのプレイヤーではないですが、弾幕の美学や、弾幕(DANMAKU)という響きがとても好きなので、今回はUnityでいろいろな弾幕を作って遊んでみました。

弾道

弾幕シューティングはさまざまな弾道を持つ弾の組み合わせで作られています。いろいろ調べてみると種類がありすぎて手に負えなかったので、いくつかピックアップして作成することにしました。

Direction Bullets

もっとも単純な弾です。発射時に発射角度と速度を決めてそのまま直進するだけです。
スクリーンショット 2015-04-17 16.29.03

N Way Bullets

同時に複数弾を発射するものです。指定された数の弾を指定したRangeで発射します。
スクリーンショット 2015-04-17 16.43.53

Spiral Bullet

螺旋状に回転する弾幕です。これも弾幕シューティングでは定番ですよね。
スクリーンショット 2015-04-17 16.32.52

Circular Bullet

円形に弾を発射する弾幕です。これも定番中の定番ですね。
スクリーンショット 2015-04-17 16.45.41

Washing Machine Spiral Bullets

洗濯機と呼ばれる弾幕です。右回転から左回転、左回転から右回転と変化する難しい弾幕です。
スクリーンショット 2015-04-17 16.41.23

Wavy Circular Bullet

波打つ弾幕です。動きが気持ち悪いですね。
スクリーンショット 2015-04-17 16.48.55

動きを見よう

っとまぁ、いろいろな弾幕を実装して遊んだわけですけど、弾幕は動いてるのを見ないとよくわらないですよね。なので今回作成した弾幕で動画を作成しました。上に紹介した以外にも沢山作ったので、是非見て楽しんでください。

Githubで公開

あと、今回作成した弾幕作成コンポーネントをGithubに公開しているので、興味のある方はダウンロードして遊んでくださいね!

https://github.com/anonakashima/barrage_editor

それじゃあ、また!