未分類

子どもまんなかハッカソン 2016

今年も子どもまんなかハッカソンを行いましたのでレポートです

子どもまんなかハッカソンとは?

毎年、福井県にある早翠幼稚園で行われる、子どもたちと触れ合いながらプロダクトを開発、触れてもらうというイベントです
今年で3回目になり、いままでは1開発チームのみの参加で行ってましたが、今年は3チームで2泊3日で臨みました
文字通り、子どもたちのまんなか、幼稚園玄関口にテーブルを構えて、そこで開発を行います
園児たちは容赦なく絡んできます

どういった目的?

子ども向けの教育教材を作っているので、エンドユーザーである幼児の反応をダイレクトに感じる事ができます
また、幼稚園向けにカリキュラムを提供しているので、幼稚園に実際に行くことで、現場をより知る機会にもなります
あとは言わずもがな、普段とは違うメンバー、場所で、しかも短期間で開発を行いますので、チームビルディングという側面もあります
幼稚園側としては、エンジニアやデザイナーなどの職業があり、どのように仕事をしているのかを園児たちにみせる機会だと捉えていただいているようです

どういったものをつくる?

せっかく幼稚園で開発する機会を頂くので、毎回、最終日に園児の前で発表をしています
発表する場所や、状況、園児の数などを意識したものを作ります
また、基本的には園向けのカリキュラムを開発しているので、そのカリキュラムの教材になるようなものを目指しています

合宿はどのように過ごすのか

写真で少しご紹介

DSC09410

まずは園児と仲良くなるために給食を一緒に食べます

DSC09456

そして園児と一緒に遊ぶ!

DSC09525

開発の様子はこんな感じで園児がたくさん集まってきます :D

DSC09828

集中して開発できる時間が少なく、2日目は佳境です!

DSC09562

園向けに提供しているアプリも一緒に遊んでもらいました

DSC09692

弊社の事業の一つで園向けにカリキュラム提供しています。ハッカソンのタイミングで授業も行いました

DSC09898

そして開発した3つのプロダクトの発表です。60名の園児たちに試してもらいます

DSC00128

発表でアプリを使ってもらっているところ、楽しそう!

今回作り上げたプロダクト

とりえ

色がなくなってしまった絵から、色を取り戻すというストーリーで、カメラを使って色んな物の写真を撮り、色をコレクションしていくというアプリ

DSC09905

みんなで色を取り戻そうー

DSC09986

みんなで色を集めているところ

SkyRocket

地球に迫った隕石をみんなで撃墜するというストーリーで、4,5人のチームで、隕石に打ち込むためにミサイルロケット作っていくというアプリ

DSC00058

隕石が地球に迫ってきているので、助けを乞う科学者たちという設定

DSC00113

ロケットパーツには色々あって、先生の顔とか..

ラクモン

音声認識でうごくモンスターを使った格闘対戦アプリ。

DSC00198

すごい世界観..

DSC00255

みんな大きな声を出してました!

雑感

DSC00298

こういった機会に備えて日頃から技術的な引き出しやスキルを獲得し、次回に備えたいと思います。
園向けのカリキュラム開発は、アプリに留まらず、ハードウェアやネットも駆使していままでに無いものを作りたいと感じていて、次回はより違ったものを生み出せるようになりたい。

株式会社サイカにボードゲームをするためだけに行ってきました

あ、ども。ソースコードでジェンガが得意なrintaです。久々にブログを書いてみました。

会社でチワワのぷーさんを膝の上に乗せて仕事してたりして、わりと平和に暮らしています。最近慣れてきたのか態度がでかいです。たまに吠えます。

IMG_5236

Continue reading

VRとInstallation

皆さんご存知、あの、なかしまです。

机に何個もChardboardを置いてるほどVRにハマってて思ったのですが、VRってそれ自体が新しいからエンタメ系でどんどん発展しちゃってて、それ以外の活用があまりないように思います。

VRで3Dモデリングをするソフトなども出てきていますが、もっと日常常務で使うことってないかなと考えた時にInstallationなどの確認に使ったらいいのでは?と思いました。
実際の現場をシュミレートした3Dモデルを用意して確認が出来ればよりターゲットに対して有効な展示が出来ます。

Continue reading

cocos2d-xのAssets manager extensionでアセットのダウンロードを自動化

こんにちは、谷川です。

最近、cocos2d-xの3.x系を利用する上で、
Assets Manager Extensionという拡張機能を使って良かったので、
簡単にまとめたいと思います。

Continue reading

Dog-driven development

あ、ども。Dr.(工学)で倫太郎のrintaです。

デザイナーの方がときどき犬を連れて来てくれるので、膝の上に乗せて仕事してます。

Continue reading

Unityで弾幕シューティングを作ろう

皆さんご存知、あの、なかしまです。

今は昔、ゲームと言えばシューティングゲームという時代がありました。
スペースインベーダーから始まったシューティングゲーム時代は、筐体の性能向上と共に弾が画面全体を覆うような弾幕シューティングへの変化し、今では玄人好みのマニアックなジャンルとなってしまいました。

私は弾幕シューティングのプレイヤーではないですが、弾幕の美学や、弾幕(DANMAKU)という響きがとても好きなので、今回はUnityでいろいろな弾幕を作って遊んでみました。

Continue reading

UnityでVR用カメラを自作しよう

皆さんご存知、あの、なかしまです。

ここ数年業界内でVR熱が激しさを増していますが、そのせいか色々とツールやプラグインが充実しすぎて、簡単にコンテンツが作れてしまいます。

別にそれは悪いことではないのだけれど、なんとなく不安になるのが技術者の性というものではないでしょうか。

そこで今回はVRアプリを作るためのカメラコンポーネントを自作してみようと思います。

Continue reading

子どもの運の良さを育てる知育アプリ「Lucky Education」をリリースしました!

人生に最も必要なスキルは「運の良さ」です。

長年、運はコントロールできないものと思われていましたが、先日SENLで行われた実験[1]で「運の良さ」をコントロールする粒子Fortuon(フォーチュオン)が発見されました。
この粒子は勝負に勝つと増殖し、さらに場の運気を上昇させる性質を持っています。

Continue reading

モバイルアプリ分析サービスまとめ

スタートアップはできるだけ作らない、使うという視点をまず考えることが大事だとよく言われます。
そんな利用したほうがいいサービスの中で、モバイルアプリの分析(アプリケーションの利用に関する情報の収集や可視化。なかにはトラブルシュート含む)に関するサービスに関してどんなものがあるのか調べてみました。

すべてを網羅していませんが、個人的に見てイケてそう、採用しても良さそうなもの、これってあまり知られてない?というようなものを羅列しています。

すべて試用したりしたわけではありませんので、使ってみて全然だめじゃんというのはあるかもしれません。

Continue reading

40のおっさんがスタンディングで仕事してみた

あ、ども。先日カタンで鉄2枚を交換で渡した直後に独占で鉄を奪ったrintaです。

エンジニアブログのネタがないのでスタンディングで仕事してみました。
Continue reading