Intel Edison を購入 & セットアップをしました

10月からスマートエデュケーションにジョインしました三浦(@nanolia)です。

10月25日に待ちに待った Intel Edison が国内でも販売開始しました。当日、秋葉原へ行き Edison を手に入れました。今回は Edison の組み立てからセットアップが終わるところまでをまとめたいと思います。

Continue reading

Unityで描画とロジックを分離してみる

こんにちは。masuyamaです。

Unity合宿も終わり、だいぶUnityに慣れてきました。
最近気がついてきたのですが、なにか作ろうと思ったとき、どうしても最初に「データとロジック」を考え始めてしまいます。
これは昔から教えられてきたことで、MVCという概念もあるように完全にレイヤーの分けて設計する癖がついています。
Unityではおそらく違う考え方、アプローチで開発するのが正しい方法なのだと思いますが、なかなか古い呪縛から抜け出せません。

そこで、あえて昔からの慣れたやり方で書いたらどうなるか、試してみたいと思います。

Continue reading

ゲームプログラマはデッサンをしろ!

皆さんご存知、あの、なかしまです。

 

デッサン

デッサン(素描)は物体の形体、明暗などを平面に描画する美術の制作あるいは作品。

 

デザイナーさんだけでなくゲームプログラマにもデッサン力は必要です。ゲーム画面を見て同じものが作れるというのはゲームプログラマの基礎だと言えます。

Continue reading

Unity開発合宿 2014.09 !

谷川です。
9月末に、河口湖に2泊3日の開発合宿に行ってきました!

IMG_3953

Continue reading

Unityで音を鳴らそう

皆さんご存知、あの、なかしまです。

 

ゲームを構成する重要な要素に”音”があります。音のあるゲームと無いゲームでは、面白さは二倍は違うでしょう。

Unityでは、一般的なゲームエンジンと同等かそれ以上に便利なサウンド関連のAPIが用意されているため、簡単に音を鳴らすことが出来ます。

今回はUnityを使って、簡単に音を鳴らしてみようと思います。

Continue reading

UnityとSlackを連携して孤独な開発から解放される方法

皆さんご存知、あの、なかしまです。

 

プログラミングのお仕事って孤独との戦いですよね。だからプログラマって暗い人が多いんでしょうね。寂しさに耐えられる、孤独に強い人がプログラマには向いてるのかもしれません。

そんな孤独に耐性のあるプログラマも時には寂しさを感じる時があります。だからと言って周りの人と喋る訳にはいきません。邪魔ですからね(みんなヘッドホンしてたりするしね!)。

寂しいけど人とは接したくない(もしくは接することができない)状況をプログラマのジレンマと呼びます。

そんな時に便利なのがSlackのbotを作って、仮想世界の中で盛り上がっちゃうという方法です。今回は思い切ってUnityのEditor拡張を使ってSlack APIを叩いて動くbotを作成しようと思います。

Continue reading

スマートエデュケーションのエンジニアライフ

こんにちは。masuyamaです。

Unity関連のポストが続いているので、すこし違う内容をお送りします。

スマートエデュケーションではどんな環境で開発をしているのか少しだけ紹介したいと思います。
(使っている技術やツールなどについてはCTO谷川の投稿をご覧ください)

Continue reading

Unityを使って3Dモデルを表示しよう!

 

皆さんご存知、あの、なかしまです。

 

Unityの登場によって、3Dゲーム参入の敷居がとても下がりました。

ゲームエンジンとしての役割は勿論のこと、UnityにはAsset Storeという仕組みがあり、3Dゲーム作成の大きな壁となる3Dアセット(3Dモデルなど)を簡単に手に入れることが出来ます。

今回は、Unityを使って超簡単に3Dモデルをゲームビューに表示してみようと思います。

Continue reading

サーバエンジニアがUnityをはじめてみる

はじめまして。masuyamaと申します。

スマートエデュケーションでは、サーバエンジニアとしてWebサービスの開発からインフラ、社内開発環境の整備までいろいろやっています。

弊社はご存知のように、アプリがメインコンテンツです。
楽しそうなアプリが動いているのを端で見ていると、作りたくなるのがエンジニアというものです。
そこで、ダーマの神殿に赴いて、アプリエンジニアにクラスチェンジしたいと思います!

Continue reading

いわゆる退職ブログというやつ

ソフトウェアエンジニアの高橋です。
AndroidやiOSのネイティブアプリの開発を担当しています。

実は私にとってこのブログへの初投稿にてして最後の投稿となります。「こいつは何を言っているの?」という感じかもしれませんが、約1年半在席したスマートエデュケーションを8月末日で退職することになり、いわゆる退職ブログをその退職する会社のブログに書いている…という少々変わった状況です。
退職理由は9月から別の会社で働くことになったためです。私の友人が起こした会社が増資を受けてエンジニアを募集することになり、私のコアコンピタンスである3Dグラフィクスに注力出来る事業内容であるため、そちらの会社に移ることにしました。子供たちの未来を育むアプリを作るというスマートエデュケーションの事業にも大きな意義を感じておりましたので、かなり悩んだのですが結論としては友人と新たな挑戦をしていくことにしました。
これまでスマートエデュケーションでやってきたことを振り返ると、Cocos2d-xを使って書かれているアプリでAndroid版のバックボタンの挙動を修正する等の既存アプリの改善や、 ユーザー登録のための共通ライブラリを書いたりで、言語はJava, C++, Objective-Cを行ったり来たりしてAndroidとiOSに絡むことを様々とやらせて頂きました。

Continue reading